売掛金のトラブルとは

Pocket

会社経営をされている方にはよく起こりやすいトラブルの一つに、「売掛金」に関するトラブルがあります。売掛金とは、商品の販売取引によって生じる、取引先に対する代金の支払いを受ける債権のことを言います。つまり、商品を売ったにもかかわらず、代金を支払おうとしない得意先に対して、お金を払えと要求する権利のことで、相手からお金を取り立てること(回収すること)を「債権回収」と言います。

売掛金のトラブルとは、そのほとんどが「売掛金の支払いを渋っている」「入金の遅れが生じている」といった売掛金の未回収によるものです。通常は、一定期間後に請求して、相手先はそれに対して支払うという仕組みで成立していますが、会社の経営者、個人事業主の方は、少なからず取引相手の売掛金の支払いの遅れに悩まされる可能性があり、時には取引先が倒産して未回収に陥ってしまうという、最悪の結果に出くわすこともありますので、事業の大小を問わず、債権回収の管理は、経営における重要なポイントとなると言ってよいでしょう。

掛取引が多い現代の売買取引の仕組みにおいて、代金の回収まできちんと管理することが、健全な経営を支える大切な鍵となりますので、売掛金の未回収や貸し倒れという事態は絶対に回避しなければなりません。電話や会って催促をしても改善されない場合はどのように解決したら良いのでしょうか。ここでは、合法的に、速やかに効果的に解決する方法をご紹介します。