Monthly Archives: 5月 2017

債権回収は弁護士相談

Pocket

売掛金回収方法として、内容証明郵便の送付や交渉による解決以外には、相殺による回収方法もあります。お互いの取引において、相手に買掛金(取引相手から商品を購入した後に生じる支払う負債額)がある場合は、未払いの売掛金と相殺することによって実質的に回収する手段です。買掛金があるのであればとても有効な手段であり、この場合、その内容を内容証明郵便として送付すれば完了となります。

または、販売した商品を引き上げるという回収方法や、債権譲渡、自己の売掛金の譲渡等がありますが、いずれも有効に働かなかった場合は、最終的に訴訟によっての回収に踏み切る必要が出てきます。回収解決の手順を踏んでも支払いが行われない場合は、弁護士に相談することをお勧めします。

債権の回収は永久的なものではなく、時効がありますので、一定期間を経過すると売掛金が消滅してしまう可能性もあります。踏み倒されない為にも、最終的には専門家の力を借りて売掛金の回収をはかりましょう。会社からの督促ではびくともしない取引相手でも、弁護士を仲介することによって強力なプレッシャーや効力を発揮します。あれこれストレスや時間を費やすよりも、スムーズに売掛金・債権の回収ができる可能性がありますので、プロに依頼されるとよいでしょう。

回収遅延の解決方法

Pocket

実際に売掛金回収に遅延が生じてしまった場合の対策方法としては、期限を忘れていた等、単純なミスの場合は、取引先と電話が繋がれば即解決することがほとんどですが、払う意志が見られない場合や、最初から悪意を持って取引をした可能性がある場合は、最終的に法的手段に訴える必要がありますが、最終手段に出る前にするべき方法を紹介します。

手順としては、まず内容証明郵便を送付して回収する方法があります。内容証明郵便とは、内容について「いつ、どんな内容で、誰から誰宛で差し出すか」ということを日本郵便が配達した事実を証明するものです。この証明自体には強制力は一切ありませんが、送付するという行為によって、取引相手に回収を本気で行いますという姿勢を見せることができますし、少なからず心理的プレッシャーを与えることができます。

内容証明での督促に対しても何のリアクションも無い場合は、取引相手との交渉によって債権の回収を考えなければいけません。これは任意による話し合いのもとで行われますので、交渉力が必要になります。相手が分割であれば支払い可能という場合や、ある条件下においてお互いの関係を悪化させずに回収できる可能性もあります。

売掛金トラブルを防ぐ

Pocket

売掛金が支払われないという事態に陥る前に、確実に債権回収する為に取引の際に気をつけておくポイントをしっかり確認しておきましょう。

まず大きなポイントとしては、取引先について、定期的に信用調査をして、それに基づいた与信枠(取引先の信用できる限度額)を設定し、状況に応じて対応できるようにしておくことが大切です。また、取引先毎の売掛金を管理する台帳を作り、各取引先の売掛金の状況、設定した支払日や振込日を必ず把握できるようにしておきましょう。常に状況や期日を把握することによって、支払日の当日に忘れずに確認できるようにしておくことが大事です。

請求書は正確に漏れのないようにきちんと発行し、取引先との取り決め通りにしっかりと集金するようにしましょう。支払いの期日が近づいてきたら、支払いの督促を行う方法も時には有効です。期日の数日前にまだ振込がない場合は、アラートをかけて催促するというルールを設ける等、確実に支払ってもらえるような対策をしておきましょう。その際には、電話やメールだけではなく、直接訪問するといった行動も大切です。売掛金は、回収することも大事なポイントですが、実際は、きちんと管理できているかが重要な鍵になります。

売掛金のトラブルとは

Pocket

会社経営をされている方にはよく起こりやすいトラブルの一つに、「売掛金」に関するトラブルがあります。売掛金とは、商品の販売取引によって生じる、取引先に対する代金の支払いを受ける債権のことを言います。つまり、商品を売ったにもかかわらず、代金を支払おうとしない得意先に対して、お金を払えと要求する権利のことで、相手からお金を取り立てること(回収すること)を「債権回収」と言います。

売掛金のトラブルとは、そのほとんどが「売掛金の支払いを渋っている」「入金の遅れが生じている」といった売掛金の未回収によるものです。通常は、一定期間後に請求して、相手先はそれに対して支払うという仕組みで成立していますが、会社の経営者、個人事業主の方は、少なからず取引相手の売掛金の支払いの遅れに悩まされる可能性があり、時には取引先が倒産して未回収に陥ってしまうという、最悪の結果に出くわすこともありますので、事業の大小を問わず、債権回収の管理は、経営における重要なポイントとなると言ってよいでしょう。

掛取引が多い現代の売買取引の仕組みにおいて、代金の回収まできちんと管理することが、健全な経営を支える大切な鍵となりますので、売掛金の未回収や貸し倒れという事態は絶対に回避しなければなりません。電話や会って催促をしても改善されない場合はどのように解決したら良いのでしょうか。ここでは、合法的に、速やかに効果的に解決する方法をご紹介します。