回収遅延の解決方法

Pocket

実際に売掛金回収に遅延が生じてしまった場合の対策方法としては、期限を忘れていた等、単純なミスの場合は、取引先と電話が繋がれば即解決することがほとんどですが、払う意志が見られない場合や、最初から悪意を持って取引をした可能性がある場合は、最終的に法的手段に訴える必要がありますが、最終手段に出る前にするべき方法を紹介します。

手順としては、まず内容証明郵便を送付して回収する方法があります。内容証明郵便とは、内容について「いつ、どんな内容で、誰から誰宛で差し出すか」ということを日本郵便が配達した事実を証明するものです。この証明自体には強制力は一切ありませんが、送付するという行為によって、取引相手に回収を本気で行いますという姿勢を見せることができますし、少なからず心理的プレッシャーを与えることができます。

内容証明での督促に対しても何のリアクションも無い場合は、取引相手との交渉によって債権の回収を考えなければいけません。これは任意による話し合いのもとで行われますので、交渉力が必要になります。相手が分割であれば支払い可能という場合や、ある条件下においてお互いの関係を悪化させずに回収できる可能性もあります。